桜色の小路。

頓田川のさくら


もう何年経ったのか。っていうほど経ってないのか。。


一度実家に戻ったことがあります。


2か月だけ。

その時はいろんなモノに潰されて、もう心身ともに壊れてしまいドクターストップにより実家で静養。



先日、そんな私のガラスのハートを見抜いてくださった素敵なマダムがいらっしゃいましたが、意外と繊細なのです。私。笑



大阪に戻るのがいやで、泣いて泣いてゼロからやりたい!と海外逃亡?を志願するも、父の『なにを言うてるんや!あほか!』で話は終わり、実家にそのまま強制送還されそうなところを、母は

じゃぁ上京したら?

と言ってくれたのですが、その時は海外じゃなければどこでも私には一緒で。。

結局なやんだ後、やり残したこともあると思い、大阪に戻ることにしました。


春になってずいぶん回復し、復帰する日も決まった頃、病院からの帰り、いつも私は途中で車を降ろしてもらって歩いて帰ってました。


母は『なんで?』といつも心配そうにしてましたが


大阪に帰る日にこの写真をメールで送りました。

『私は大丈夫。ちゃんとひとりでも進んでいきます。』

そういう思いをこめて。

中学生の時に見つけたひみつの小路。

ここを通る時はまっすぐ前を向いて颯爽と、なんだか前向きになれて、ずっと先にすごい素敵な何かが待っててくれる気がして。。大好きな道でした。

何度思い出しても涙がでそうですが、その時久々に長期間実家で過ごして、親のありがたみをひしひしと感じ、そんな体を壊して心配させたにも関わらず、未だに本当に好き勝手させてもらえてる上に、それを応援してくれている事にとてもとても感謝しています。

桜の季節になると、この道を思い出します。


ここは遊歩道という看板がひっそりとあるのに、入口と出口になぜか軽く人を寄せ付けないバー?みたいなものが立っていて、もう藪に近い状態になっているので、ここにこんな風景があることを知ってる人はホントに少ないと思います。


私のひみつの大切な風景です。


きっと今頃きれいだろうなぁ。。

でも

見に行けないことが恩返しです。



よし。

しっかり進もう。進まなくちゃ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くぼたゆうこ

Author:くぼたゆうこ
窪田裕子

3歳よりエレクトーン、10歳よりクラシックピアノを習う。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪エレクトーン科入学。理論、アレンジ、作曲、アンサンブル、ソルフェージュなど総合的に音楽を学ぶと同時にリズムトレーニング、ドラム、ラテンパーカッションを重点的に勉強し始め、ドラム科のレッスンにも参加。数々のアンサンブルでドラムを担当。
卒業後、大手音楽教室講師として稼働しながら2009年より独学でジャズボーカリストとしてライブ活動を開始。
2012年退任を機に、自己の音楽表現と理想の指導法を求め渡米。LA、NYの音楽学校への短期留学を果たし、現地のミュージシャンとのセッション、プロのステージへの参加などを重ね好評を得る。
2014年9月帰国。
ボーカリストとしての活動再開と、長年で得た指導スキルと、国内外で得た音楽経験を生かしたレッスンを目指し奮闘中。

リーダーライブでは、さまざまな楽器経験から生み出される斬新なオリジナルアレンジで時に共演するミュージシャンをも驚かせる。
現在スタンダードなジャズライブはもとより、ドラムデュオ、ベースレスドラムレストリオなどチャレンジを続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード