スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月2回ぶんのくぼゆうのお気に入り。

みなさまご無沙汰いたしておりますm(__)m
あーーーーーまた滞ってました(TwT。)
すみませんm(__)m💦
さっ✨ お勉強いたしましょう!!
先々週、先週とカーペンターズさん(大工さんたち)の曲をお届けしました。
まずはrainy days and Mondays 雨の日と月曜日は。
ほんとに、めっちゃ同感。月曜日と雨の日は無条件にブルーになったりします☔️
月曜日が雨の日だったらサイテーですね(TwT。)笑
まぁサイテーとはいかずとも"kind of "です。
はい、この回の英語フレーズはkind of でした。
そんな感じ。その類。みたいな意味で使います。んーそんな感じ!とか、ちょっとめんどくさげに、まぁね、みたいな相槌にも使えます。
 えー?なに?怒ってるの?と聞かれて、別に怒ってるわけでもないけどイライラはしてるし説明するの面倒くさいとき
"...kind of"
欲しい答えはピタッとそれではないが、まぁそんな感じで惜しいとき。
"nnnnn,kind of!!" ちなみに、答えがとても正解に近い!と言う時はclose!といいます。
文章にして使う時はかなり頻度が高いです。
what kind of ○○ do you like? (need,want etc.)
で好きな物や欲しいものが聞けます。
たとえば
what kind of food do you want( to eat)?
どんな料理を食べたいですか?
と使います。
ぜひ kind of 使ってみてください😁
この週にご紹介した私のお気に入りは
珪藻土バスマット‼️

これ!ほんと、私にはなくてはならない、超絶ラクチン気持ちいいバスマットですよー゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
今はあちこちのホームセンターや雑貨屋さんなどで取り扱いありますし、値段もそんなお高くないので、ぜひこのジメジメを機にお試しください゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
そしてカーペンターズさん二週目は
superstar ✨
私の大好きな曲です✨切ないですけども。。
最後にかけたルーサーバンドロスさんのがほんと昔から大好きでした゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜カッコ良すぎ。
そして、この週の英語フレーズは
don't you remember?
でした。
do you remember?だと
覚えてる? となるので、まぁほのぼの感がありますが
don't you remember? はほのぼの感はあまりないですね(。´・∀・)b笑
言われたら、怒ってるか呆れてるかやと思った方が良いかもです。笑笑
覚えてへんの⁈ ですから。
歌詞では続けて あなたが愛してるといった事、とありますので、そこも少し頂いてみますと
don't you remember⁉︎ you told me!
言い方によっては
はぁ⁉️覚えてへんの⁉️アンタがいうたんやんか💢
となります。笑
言い方です。はい。それに左右されます。笑笑
訳って面白いですよね。お芝居などと、ただの例文とでは、全く同じ文章でもニュアンスが変わってきます。
そんな訳を ど直訳に近いながらちょっとヤボったく、クールなギターで歌うのが、この週ご紹介した私のお気に入り
王様です👑

こんなジャケット。笑笑
これが1960年代後半あたりからのロックファンにはたまらない選曲のオムニバス、そしてほぼ完コピで、日本語、しかもかっこよくは決してない日本語。笑笑
訳詞がイッパツで頭から抜けなくなります。笑笑
他にも転石伝説(ローリングストーンズ)浜っ子伝説(ビーチボーイズ)接吻伝説(キッス)や、かぶとむしさんたち(ビートルズ)、村人(ビレッジピープル)などなど、色々カバーされてますよ✨
と、アップしたところですでに水曜日💦
今週の文も皆様がお忘れにならぬうちにアップしますねー:・゚ฺ☂ฺ(。・ˇ∀ˇ・)ノ:。・゚‼️
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くぼたゆうこ

Author:くぼたゆうこ
窪田裕子

3歳よりエレクトーン、10歳よりクラシックピアノを習う。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪エレクトーン科入学。理論、アレンジ、作曲、アンサンブル、ソルフェージュなど総合的に音楽を学ぶと同時にリズムトレーニング、ドラム、ラテンパーカッションを重点的に勉強し始め、ドラム科のレッスンにも参加。数々のアンサンブルでドラムを担当。
卒業後、大手音楽教室講師として稼働しながら2009年より独学でジャズボーカリストとしてライブ活動を開始。
2012年退任を機に、自己の音楽表現と理想の指導法を求め渡米。LA、NYの音楽学校への短期留学を果たし、現地のミュージシャンとのセッション、プロのステージへの参加などを重ね好評を得る。
2014年9月帰国。
ボーカリストとしての活動再開と、長年で得た指導スキルと、国内外で得た音楽経験を生かしたレッスンを目指し奮闘中。

リーダーライブでは、さまざまな楽器経験から生み出される斬新なオリジナルアレンジで時に共演するミュージシャンをも驚かせる。
現在スタンダードなジャズライブはもとより、ドラムデュオ、ベースレスドラムレストリオなどチャレンジを続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。