背中の思い出。

しばらくまた放置してしまってました(>_<)
すっかり春ですね!!

先日の名古屋ライブでプロの方に撮っていただいた写真の中の一枚。



When I started singing early days, I had a gig with a great organist.
I know him before I became a singer, I imagined that playing with him will be so fun!
But on the rehearsal , his face had changing to professional musician from my friend.

Then I started crying because I felt that my voice will break his beautiful sound.
He was surprised but he said "OK, You can cry now. But never do that on the stage!! "

I tryed to continue to sing and tryed to stop crying. But
I couldn't.

Before my performance started, I asked him

" Do I have something good point?"

he answered

"...Yes. Your dress is good."

To tell a truth, I depressed. But I think he has a lot of love and he knew I will practice hard if he said that .

After the gig I cryied in frustration again.
He said ''Your singing was better than rehearsal. I know you tryed hard...And...your back is really beautiful and so cool! You should be a singer who can sing and control the band in your back!"

I didn't know and never
care about my back. Since then, I have continue select dresses that my back is visible.

I don't know that my back can sing or not, but many people said to me "your back is beautiful!" and I like my back now.
I have to say thank you for organist!!😁

その昔?まだ歌を始めて間もない頃、とある素晴らしいオルガニストさんとご一緒させて頂く機会がありました。

歌を始める前から仲良くしていただいてたので、ライブ絶対楽しいと思ってたのですが、リハが始まるとその方は一気にプロの顔に!彼のサウンドをこわしそうで、どこで歌い始めていいかわからなくなり、泣き始めてしまいました。
彼はびっくりしながらも。"いいよ、今のうちに泣いとけば。明日ステージで泣くよりマシだから"といい、淡々とリハを進めてくれるものの、私の涙は止まらず(>_<)

当日のリハでは、歌がどーこーより、ひたすらスタッフの皆様、オルガニスト様は心地よい音を追求すべく手をかけてくださり、リハ終了。
とても情けなくなった私は、オルガニスト様に

"わたし、良いところあるんですかね(>_<)?"と聞いたら

"あるよ!衣装。"

と返されました💧

正直凹みましたが、愛の鞭だったと思います(>_<)

本番はなんとか耐えたのですが、終わってからも悔しくて号泣。

泣き続ける私にただアタフタする店長さんを尻目に、"花粉症でしょ?"と、黙々と片付けをし

泣きはらした私に

よく頑張ったよ、リハよりずいぶん良かったし。

あと、君の背中かっこいいよ!
そのかっこいい背中でさ、後ろにいるバンドにも響く音で歌えるようになってよ。"

と言ってくださいました。

リハより良かったし、の行は慰めだったかもしれないですが、気にもしてなかった自分の背中がかっこいいと言って頂き、前ばっかりじゃなく、後ろのバンドにも響く歌を歌いたいと思うようになりました!
それ以来、いつも意識して背中の開いた衣装を選ぶようになりました。

色々コンプレックスだらけだけど、私の背中をかっこいいと言ってくれる人が他にもたくさんいて、今は私の好きなパーツなのです✨
教えてくれたオルガニスト様に感謝‼️笑

プロのカメラマンさんが、背中を撮ってくださったのがちょっと嬉しくて長々と思い出話し。笑

ここまでお付き合いくださりありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くぼたゆうこ

Author:くぼたゆうこ
窪田裕子

3歳よりエレクトーン、10歳よりクラシックピアノを習う。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪エレクトーン科入学。理論、アレンジ、作曲、アンサンブル、ソルフェージュなど総合的に音楽を学ぶと同時にリズムトレーニング、ドラム、ラテンパーカッションを重点的に勉強し始め、ドラム科のレッスンにも参加。数々のアンサンブルでドラムを担当。
卒業後、大手音楽教室講師として稼働しながら2009年より独学でジャズボーカリストとしてライブ活動を開始。
2012年退任を機に、自己の音楽表現と理想の指導法を求め渡米。LA、NYの音楽学校への短期留学を果たし、現地のミュージシャンとのセッション、プロのステージへの参加などを重ね好評を得る。
2014年9月帰国。
ボーカリストとしての活動再開と、長年で得た指導スキルと、国内外で得た音楽経験を生かしたレッスンを目指し奮闘中。

リーダーライブでは、さまざまな楽器経験から生み出される斬新なオリジナルアレンジで時に共演するミュージシャンをも驚かせる。
現在スタンダードなジャズライブはもとより、ドラムデュオ、ベースレスドラムレストリオなどチャレンジを続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード