スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作曲は簡単なのです。

なのです。


難しいのはアレンジです。


それもひっくるめて"作曲"と言いたいところですが、そうでもなく

出来た曲を生かすも殺すもアレンジ次第。

たとえば音楽教育を受けていないシンガーが何気なく歌って作曲したメロディーを、別のプロのアレンジャーがアレンジしたりするわけです。

メロディーにどんなリズムパターン、ハーモニーをつけるか。

同じメロディーでも、どんなスタイルにしたいかによって、ふさわしいコードは違います。

もしかしたらミュージシャンにケンカを売るような発言かもしれませんが

もともとのコードそのままに、リズムパターンだけ変えたようなアレンジは

嫌いです。笑

そのままで、めっちゃハマる事ももちろんありますが、たいていの場合


アレンジって、、、無理やりリズム変えただけですよね?

っていうのが多々あります。

私が某大手音楽教室で講師をしていた頃、子供達が自分で作った曲を自分で演奏するというコンサートがありました。

毎年毎年それはタイヘンな作業で

でもおかげで物凄い勉強させていただきました。

なぜかというと、子供達が作るメロディーは奇想天外だから。
そしてメロディー以外のことは殆ど考えてないから!笑


でもそれを、コンサートで聴いていただけるレベルに"音楽的に"仕上げなくてはいけない。

私はまず、子供達に必ずタイトルやテーマを決めて貰いました。途中で変わってもいいので、どんなイメージを持っているのかを尋ねます。

そこから私のリサーチが始まるのです。大量のCDレンタルやらYouTubeやら。。

少し大きな子はもうイメージがしっかりしてて大変です。笑

メロディーがアラビアチックだったり、韓国歴史ドラマのテーマ曲っぽかったり、放牧民な感じだったり、チゴイネルワイゼン風だったり、、、

その度に、どんな音色で、どんなハーモニーがそれらしさを作っているのかを分析し、場合によっては使うスケールも誘導します。一応子供達の自作曲なので。笑

あとは某有名電子楽器のデータ作りで仕上げです。リズムの打ち込みと音色はかなり雰囲気を纏められるのです。

仕事を辞めた今でも、我ながら名曲ぞろいだったな、子供達のコンサートで終わらせるのはもったいなかったと思うくらい、勉強させていただきました!

そんな訳で、バンドクリニックでは、ご希望あれば、オリジナル曲の分析と、リハーモナイズによる新たな可能性のお話もできたらな、と思います。


有線で流れるいろんなアレンジのクリスマスソングが気になりすぎて、買い物してても気が散って仕方ない今日この頃です。笑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くぼたゆうこ

Author:くぼたゆうこ
窪田裕子

3歳よりエレクトーン、10歳よりクラシックピアノを習う。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪エレクトーン科入学。理論、アレンジ、作曲、アンサンブル、ソルフェージュなど総合的に音楽を学ぶと同時にリズムトレーニング、ドラム、ラテンパーカッションを重点的に勉強し始め、ドラム科のレッスンにも参加。数々のアンサンブルでドラムを担当。
卒業後、大手音楽教室講師として稼働しながら2009年より独学でジャズボーカリストとしてライブ活動を開始。
2012年退任を機に、自己の音楽表現と理想の指導法を求め渡米。LA、NYの音楽学校への短期留学を果たし、現地のミュージシャンとのセッション、プロのステージへの参加などを重ね好評を得る。
2014年9月帰国。
ボーカリストとしての活動再開と、長年で得た指導スキルと、国内外で得た音楽経験を生かしたレッスンを目指し奮闘中。

リーダーライブでは、さまざまな楽器経験から生み出される斬新なオリジナルアレンジで時に共演するミュージシャンをも驚かせる。
現在スタンダードなジャズライブはもとより、ドラムデュオ、ベースレスドラムレストリオなどチャレンジを続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。