スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコライブ☆ダブルヘッダーでした。

昨日の日曜日、お昼は新地でテナーのりょうじゅくんとプライベートライブでDuo、夜はラグタイム帝塚山でドラム小前さんとDuoでした。

どちらもマイクなしで。

負けない声と小さなお店でよかったo(`▽´)o

どちらのライブのMCでも言ったのですが、震災の様子をテレビで見るたび

自分の家はスイッチ押せば電気が着いたり、水道からお湯が出たり、トイレの水が流れたりすることがいちいちありがたく、なんだか不思議に思えました。

節電や節水も、家計の節約の為ではなく、地球の為にしなくちゃいけない事なんだと思い直しました。

地震があった日から今まで、悲惨な風景を見続けた為にマイナス思考と、お気楽に普段の生活をする事に罪悪感を感じたり、こんな時にヘラヘラしてる人とか見て不謹慎と感じたりしましたが

今日テレビで、避難所生活を強いられてるおばあちゃんが

電気がついたので一安心(^∀^)

と笑ったのを見て、すごいパワーを感じました。

今の私なら、一部に電気が通っただけなんてちっとも安心じゃないように思ってしまうのに!おばあちゃんはホントにいい笑顔でした。

なんの被害も受けていない私たちが、必要以上にふさぎ込んでちゃいけない!と思いました!

被災された方々は強く逞しく諦めず、小さな進歩に笑顔している。

生かされたんだなぁと思う、とコメントされる方々が多かったですが

私たちは生かされたどころか、変わらない生活も守られたのだから

ちゃんと仕事できるんだから仕事して、ちゃんと楽しい事もたくさんあるんだから笑顔で生活しなくちゃ逆に申し訳ない!

今日は赤十字の義援金に募金しました。働かなくちゃ募金もできない!

報道は情報源として必要だとは思いますが、ずっと見ていると、何か目的がズレてきているような気がしてなりません。

今日は娯楽番組もCMも増えてましたが、子供たちの為にもそれでいいのではないでしょうか。

こんな時だとはいっても笑ってもいいのではないかと思います。不必要に残酷な映像を垂れ流すのは精神に良い影響があるとは思えませんし、それよりきっと笑顔は力になります。

どなたかもつぶやいてらっしゃいましたが、音楽がきっと復興を助ける力に、みんなを笑顔にする力になる時期がきっと来ると思います!

なんだか取り留めのない日記になってしまいましたが、できるだけの募金以外、私にできる事で被災された方々に役に立つ事なんて

今のところないんだから!

心配したり同情したり凹んでたって、なんの役にもぶっちゃけたたない!

こんな時に楽しい事は非国民みたいな、そんなのもなんだかどこかおかしい。

不甲斐ないトップの皆様の文句をいっても届かないし、じゃあやってみろといわれてもできない。

自分の生活をしっかりするのが、やっぱり今出来ることなんだと思います。がんばります。

被災された地域の方々、まだまだ不安が広がりそうな原発の問題を抱えた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

必ず復興する底力と助けてくれる友好的な国交が、日本にはあると信じております!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くぼたゆうこ

Author:くぼたゆうこ
窪田裕子

3歳よりエレクトーン、10歳よりクラシックピアノを習う。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪エレクトーン科入学。理論、アレンジ、作曲、アンサンブル、ソルフェージュなど総合的に音楽を学ぶと同時にリズムトレーニング、ドラム、ラテンパーカッションを重点的に勉強し始め、ドラム科のレッスンにも参加。数々のアンサンブルでドラムを担当。
卒業後、大手音楽教室講師として稼働しながら2009年より独学でジャズボーカリストとしてライブ活動を開始。
2012年退任を機に、自己の音楽表現と理想の指導法を求め渡米。LA、NYの音楽学校への短期留学を果たし、現地のミュージシャンとのセッション、プロのステージへの参加などを重ね好評を得る。
2014年9月帰国。
ボーカリストとしての活動再開と、長年で得た指導スキルと、国内外で得た音楽経験を生かしたレッスンを目指し奮闘中。

リーダーライブでは、さまざまな楽器経験から生み出される斬新なオリジナルアレンジで時に共演するミュージシャンをも驚かせる。
現在スタンダードなジャズライブはもとより、ドラムデュオ、ベースレスドラムレストリオなどチャレンジを続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。